カテゴリ:Lesson/お稽古( 6 )

中国料理教室で「水餃子」作り

少し前になりますが、2度目の中国料理教室に行ってきました。
メニューは「水餃子」
いつものように皮から作りますが、
今回は中身の作り方が目からウロコでした。


b0329638_18393877.jpg



つなぎは使わず、お肉にお水を加えて、お箸でひたすら一方方向に混ぜることで
粘りをだすことができ、肉の組織を壊さず、おいしくなるのだそうです。


b0329638_18384437.jpg
b0329638_23023807.jpg

最後に混ぜるのはネギ。ネギの水気はお肉を美味しくなくさせるそうで、
ネギの水気がお肉に移らないように、ネギをごま油でコーティングしてから、
お肉と混ぜます。更にごま油とネギを最後に入れることで
ごま油がお肉の旨みをギュッと閉じ込め、食べたときジューシーな肉汁が
ジュワーと溢れでるという仕組み。

b0329638_18384508.jpg

包み方も習いましたが、どうも上手くいかなくて四苦八苦。
マスターする前に皮がなくなってしましました。
あと20個くらい包みたかった。


b0329638_18384300.jpg



水餃子は、茹でる時に皮が破れてお水が入ってしまうと、
肉の旨みが、破れたとこから全て出てしまうので、
皮が厚めです。食べごたえありです。
ちなみに本場中国は水餃子がほとんどで、焼き餃子はあまりないそうです。


b0329638_23040005.jpg

試食した水餃子は皮がぷっくりもちもち。
口に入れると肉汁がジュワーっつ、美味しいー!
結構食べました!(๑≧౪≦)
中にはやっぱり、皮が破れてお肉がパサっとなっているハズレもありました。

先生が作って下さった、トマトと卵のスープ。
トマトの酸味がさっぱりのあっさりスープ。

b0329638_23040318.jpg

本日も美味しく頂きました。
食後は、初夏の緑と風を堪能しながら、
お茶とおしゃべりを楽しみました。

b0329638_23040542.jpg

次回がいつになるかな定かではありませんが
いまから楽しみです。



[PR]
by ralphishmomo | 2015-06-06 20:48 | Lesson/お稽古

馨華献上銘茶中国茶セミナー

毎回楽しみにしている、「馨華献上銘茶中国茶セミナー」に参加してきました。
会場はいつものオリエンタルホテルですが、「OZAWA」ではなく、
今回は和食の「みつき」。
和食とのコラボは初めてですが、
毎回趣向を変えて様々なお茶を楽しませて下さるシンファ氏。
今回も冷たい瓶茶に暖かいお茶と、お食事に合わせて、
おしゃべりに合わせて、様々なお茶を楽しむ事が出来ました。


和食は懐石みたいな感じで、一度にたくさん出てくるので
あれこれ、ちょっと食べるのが忙しかったです。


b0329638_20385224.jpg

b0329638_20383518.jpg






最初に頂いた冷たい瓶茶は2014年度のモンドセレクション受賞の新作瓶茶、「恋文之香」。
あっさりだけど、でも味はしっかりした美味しいお茶でした。(上手く言えなくてスミマセン(*_*))
下の写真は前回もご紹介させて頂いた、「意中の香り」1本数万円のお茶です。
聞くところによると、広島では、会員制のクラブ「ルッソクラブ」のラウンジだか、
ダイニングだかで頂けるようです。興味のある方は是非!


b0329638_14531643.jpg






デザートは「みつき」ではなく、どうやら特別に「OZAWA」から取り寄せたようです。
マンゴーのムース。美味しかったです。

b0329638_14531484.jpg





食事が終わると、ゆっくりお茶の時間です。
黄色が鮮やかで、美しい器です。


b0329638_14532878.jpg





茶葉は一つ一つが大きく、色も鮮やかで、
香りもよくするお茶の葉を使います。

b0329638_14533001.jpg



シンファ特製の天使のポットの中でじっくり
葉が開くのを待ちます。

b0329638_20291073.jpg

b0329638_20135777.jpg





b0329638_14532359.jpg
蒸らして、タイミングをみて
シンファ氏がいれて下さったのは「東方美人」
甘い香りと本当に甘い味のする美味しいお茶で、
デザートの後にまたデザートを食べているような気になりました。
b0329638_14551279.jpg

b0329638_14544124.jpg





お茶もですが、器も相変わらずの美しさで、
受け皿や急須などの茶器を、いつも会を企画して下さる方が
今回も私物で準備して下さいました。
茶器を見ているだけで、うっとりできる美しさです。
私たちの後の、第2部は、陶器と磁器で入れたお茶の飲み比べを行ったそうですが、
実際にテイスティングした方が味の違いを感じて驚かれたそうです。
味の濃い烏龍茶などは陶器のほうが味がまろやかになるのだとか...
どんな事でもこだわって、突き詰めれば奥が深いですね。


b0329638_14533309.jpg





b0329638_14532544.jpg


会に集まる方も素敵な方が多く、
今回、わざわざ東京から初めて参加された方もいらっしゃって、
偶然にもカメラの話で少し盛り上がったり、
他の参加の方からも、楽しい話を色々聞かせて頂き、
いつもにもまして、今回も楽しい会になりました。
いつもお誘い下さる素敵な友人に感謝です。ありがとうございました。








[PR]
by ralphishmomo | 2015-05-27 21:53 | Lesson/お稽古

中国料理教室で「春餅(チュンピン)」作り

以前から友人に誘われていた、中国料理教室にやっと行くことが出来ました。
中国人のご主人と日本人の奥様が主催されている人気教室で、
中華料理大好きの私は行く前から何が食べれるのかワクワクでした。
今回のメニューは春餅、北京ダックのときにダックを包む、例のあれです。


b0329638_10034958.jpg





この料理は中国で旧正月を祝う時の定番メニューで、各家庭では北京ダック等の
高級食材でなく、鶏肉や野菜、色々なものを包んで食べるのだそう。

皮の部分、「餅(ピン)」は中力粉をうすく伸ばして焼いたものがですが、
中力粉を熱湯とお水を混ぜてこね、弾力が出たら、金太郎あめの太い版を作る要領で
細長く棒状にしたものを写真のようにカット。
それを軽く丸く伸ばしたところで、2枚を重ね合わせます。
その時、表面にはごま油を指でむらなく塗り、2枚を重ねたところで綿棒を使ってクレープ状に丸く薄く伸ばしていきます。
この作業、丸く伸ばすのが案外むつかしく、変な形になってしまい、、、まぁまぁ、自分で食べますから...
うすく伸ばしたら、2枚合わせのまま、フライパンで焼くのですが、
焼きすぎると皮が固くなるので、軽く焦げめがつくくらいでOK。
焼けたものは、熱いうちに、1枚づつにはがしておきます。
この時、ごま油が付いていないところが剥がれにくいので要注意!




b0329638_10004057.jpg






焼きあがった皮は熱湯の上に置いた蒸籠に置いておくと
冷めて固くなるのが防げるし、そのまま食卓に出しても
見た目がおしゃれ(笑)

b0329638_09372898.jpg






中に入れる具材はお好みで準備します。
今回は、ニラもやし、春雨、先生が事前に
十数種類の薬膳スパイスで、たっぷり時間を掛けて味付けされた、焼き豚を用意して下さっていました。



b0329638_09373603.jpg

b0329638_09372269.jpg

b0329638_09371601.jpg

皮は一度食べたら忘れられない美味しさ!
もやしも、結構な量!?の油しっかり炒めたのに、信じられないほどのシャキシャキ感で、
しかも油っぽさなし!?
あと忘れてならないのが、皮に塗るタレ!
今回はオーソドックスな甜麺醤と先生が中国の実家でよく食べるという
豆腐ようを潰したものに、トッピングとして生のにんにくを細かく刻んだものの
2種類が用意してありました。
甜麺醤は安定の美味しさ、豆腐ようと生にんにく。これもイケル味でした。

大勢でわいわい楽しみながらのホームパーティーに良さそう!
皮も意外と簡単にできるし、中身をサラダ風にすると
トルティーヤにもなりそうだけど、違うのかな?







b0329638_09374194.jpg


お食事の後は、最近の中国事情、「中国あるある」
などを楽しくおしゃべり。

大量のお料理は全て完食というわけにはいかなかったのですが、
タッパに入れて、お持ち帰りがお約束だそう。(*゚▽゚*)
皮と中に入れる具材をちゃっかりお持ち帰りさせて頂き、
夕食でもう一度頂きましたが、やっぱり大満足のお味でした。

早く、また行きたいなぁ....



[PR]
by ralphishmomo | 2015-03-28 11:21 | Lesson/お稽古

Cafe フォト vol.2

カフェでの室内撮影がタイムアップ。
まだまだ、撮り足りないので、みんなと街撮りに出掛けました。
集合場所の公園まで、思い思いに街角でお写ん歩。


b0329638_16150140.jpg





見慣れた広島の街をキョロキョロしながら、被写体探し。
最終セールの案内だったり、カフェのテーブルとチェア,,,
さすがに寒すぎて、外でカフェタイムを楽しんでる人はいませんね。
神戸とか横浜とかと違って、街撮り、全然テンションあがりませ~ん(ーー;)、

b0329638_16145431.jpg





集合場所の公園でたわわに実をつけたクロガネモチ。
てっきり南天と思っていたけど、後から友人にクロガネモチって言うんだよ~って
教えてもらいました。
まだまだ、寒いけど、綺麗な青い寒そらの下、
しばし、みんなでカメラの話で盛り上がったのでした。


b0329638_16150983.jpg
[#IMAGE|b0329638_16144127.jpg|
[PR]
by ralphishmomo | 2015-03-01 20:00 | Lesson/お稽古

Cafe フォト vol.1

2月の初め、3×3 SAZANCAFE STYLEで
カフェ撮影会がありました。
カフェの撮影は久しぶりだし、
SAZANCAFE、名前はよく聞くけど、行った事がなかったので、
どんなカフェなのか楽しみでした(´∀`)。



内装はイマドキふうな、ナチュラルテイスト。
奥のちょっと、広めの個室っぽくもなるスペースに通され、
他のお客様から離していただけたので、遠慮なく撮影できました。

まずはランチ。
ランチの定食メニューがたくさんあって驚きましたが、
定食にせず、あえて、サラダパンケーキというモノにしてみました。
パンケーキはちょっと固め、甘酸っぱいマスタードソースがかかっていましたが
途中ソースが足らなくなってしまって、パンケーキのみが残ってしまい...
でも、このマスタードソースが美味しかった(´・ω・`)


b0329638_16142614.jpg





ま、気を取り直して、撮影タイム。
本日の講師は、主に、佐伯区湯来町で活動していらっしゃるオカマリさん。
いつも持ち歩いているという、色画用紙や、ハンカチを使用して、
撮影の技をいくつか披露して下さいました。


b0329638_16143616.jpg





真剣に店内を撮影。
室内撮影は、思い通りの色がなかなか出せなくて((*´д`*)汗っ)
カメラの設定も、時間を掛けて何度も調整。

b0329638_16144127.jpg




カフェ撮影を楽しんだ後は、続いて、屋外撮影。
移動しま~す。

b0329638_16144898.jpg


[PR]
by ralphishmomo | 2015-02-21 18:24 | Lesson/お稽古

テーブルコーディネート

少しばかりご無沙になってしまいました。

先日、知り合いの方が習っていらっしゃる、
テーブルコーディネートの体験レッスンに行ってきました。
紹介して下さった方は東京ドームでの全国大会で入選したり、
雑誌のコンクールで優勝したりと結構すごい方なので
メチャ真面目でお固いレッスンだったらどうしよう!?と緊張しましたが、
先生が「おままごと気分で好きにやってね。」と言って下さり、
ままごとか~なるほどっと、自由に楽しくコーディネートさせていただきました。


b0329638_20005755.jpg






レッスンはプロ野球選手のお宅もちらほらある
高級住宅街にある先生のお宅で。
玄関からリビング、トイレまで季節のしつらえが施してあり素敵です。
一通りそれらのコーディネートの説明をして頂いた後、
一人、ワンテーブルを渡され、レッツトライ!

b0329638_20021876.jpg






お宅の1室にぎっしりと積み重ねられた食器の数々。
どれをどう使おうか、数が多すぎて最初は迷いましたが、
テーブルクロスの色を決めると、それからはなんとなく、
コレ使ってみよ。コレ使ってみよ。っと
できたコーディネートがこんな感じ。
ハロウィーンを意識して、クロスは黒に見えるけど
深い紫、さらにグリーンでアクセントをつけて、
最初に使いたいと思った黒白の柄のお皿、それに合わせてクロコの型押しの少し柔らかい素材のプレート
テーブルの中央には少し高さのあるガラスのプレートをチョイスしたところで
先生が「南国の雰囲気ね」とミニパイナップルやカットフルーツを入れて下さいました。
仕上げに足の部分がゴールドのシャンパングラスにキャンドルは差し色の赤。
テーブル以外は「the和室」なので、そこは置いといて、
バリあたりリゾートホテルの"テーブル"になって来ました。

b0329638_20020836.jpg


ハロウィーンなのでかぼちゃもおまけで置いてみましたが
どうでしょう?
バリの人たちもハロウィーンするのかな?




[PR]
by ralphishmomo | 2014-10-05 20:46 | Lesson/お稽古